夏ダイエットで痩せないあなた、それはもしかすると、○○が原因かも!?

夏こそダイエット!と、意気込んでダイエットを始めても、なかなか結果を出すことができないという方は、驚くほど大勢存在しています。
それは、ダイエットの方法そのものが間違っている可能性もありますが、身体に起こっているある変化によって、痩せにくくなっている可能性もあります。
では、夏ダイエットで痩せない理由とは、いったいどのようなところにあるのでしょうか?

「夏太り」という現象をご存知ですか?

夏は体温の自然に高くなるから、基礎代謝量も増えて痩せやすいに決まっている。
このような自分勝手な思い込みをしている方は、まず、その考え方から改めなくてはなりません。
というのは、夏には外気温が高くなりますので、単純に考えるのであれば、外気温の高さにつられてご自身の体温も上昇するかのように思えます。
ですが、実は、私たちの体内ではまったく逆のことが起こっています。

私たちの身体は、身体の機能を維持するために体温調節を行っていますが、外気温が高くなる夏は、わざわざ体内の脂肪を燃焼させてまで体温を保持する必要がないため、基礎代謝量が自然に落ちます。 そして、その状態でダイエットだけを行ったとしても、思うように脂肪が燃焼するとは考えられません。 つまり、この状態が続くと、「夏太り」が起こりやすくなるということです。 夏にダイエットをするのであれば、栄養バランスの整った低カロリー食を摂取するというダイエットの基本を守りつつ、脂肪燃焼に役立つ運動も取り入れて、基礎代謝量の低下を防ぎましょう。

汗をかけば痩せると思っていませんか?

サウナをイメージしてみて下さい。
サウナでは大量の汗をかきますので、サウナを出た直後には、確かに多少なりとも体重が減っていることでしょう。
ですが、これはサウナによって身体が温められて、一時的に体内の水分が絞り出されたことによって起こる現象ですので、脂肪が燃焼されて体重が落ちた状態とは異なります。

夏は、なにもしなくても汗をかきやすい季節ですので、それだけで体重が落ちそうに思えます。
ですが、実は、夏にかく汗は毛穴から汗を放出させて、身体を冷やすために拭き出てくる汗ですので、カロリー消費につながることはありません。
つまり、夏の時期に自然に汗が噴き出てきても、それだけで痩せる可能性はないということです。
さらに、汗をかく量が多いほどに、皮下脂肪の燃焼に必要なミネラル成分が汗とともに対外へ排出されるため、痩せにくくなることが考えられます。
汗をかけば痩せるに違いないと思い込んでいた方は、運動せずにただやみくもに汗をかくだけでは痩せないということを、この機会に知っておきましょう。

冷たいものばかりを食べていませんか?

ダイエットメニュー以外の間食はせず、適度に運動も行っているのに体重が落ちないということは本当によくあることです。
摂取カロリーを減らして、その上で運動まで行っていて体重が落ちないのであれば、もう、なす術がないのでは?と、不安になってしまうかもしれませんね。
ですが、夏にはある落とし穴が潜んでいます。

それは、ダイエットメニューそのものが冷たい食べ物だったり、食間に摂取する飲み物が冷たく冷えているものだったりした場合には、ダイエットの妨げになる可能性が広がるということです。
私たちが摂取した食べ物や飲み物は、すべて胃で消化されて腸へと送られて行きます。
そして、その際の食べ物や飲み物がすべて冷たいと、胃や腸だけではなく、周囲の臓器も冷やすことになります。

では、胃や腸をはじめとする臓器が冷えてしまうと、体内ではどのようなことが起こるのでしょうか?
それは、臓器を守るための皮下脂肪が燃焼されにくくなるということです。
せっかくダイエットと運動を頑張って行っていても、皮下脂肪が燃焼されにくい状態が体内で起こっていれば、ダイエットの効果が現れにくくなっても仕方がありません。
暑い夏は、ついつい冷たい食べ物や飲み物に手を伸ばしてしまいがちですが、皮下脂肪の燃焼を促したいのであれば、なるべく温かい食べ物と、常温の飲み物で乗り切りましょう。

夏に痩せたいのならこの方法で!

まず、汗とともに対外へ排出されやすい、ミネラル分を多めに摂取することを心がけましょう。さらに、皮下脂肪の燃焼にはタンパク質やビタミン類も必要になりますので、これらの栄養素も、なるべくダイエットメニューに取り入れる工夫を行ってみましょう。
そして、適度な運動を行うことも忘れてはなりません。脂肪の燃焼には有酸素運動が有効ですので、なるべくウォーキングやジョギングなど、お手軽に行うことができる運動を行ってみましょう。

ただし、夏の運動で最も注意しなければならないのは脱水症状ですので、ウォーキングやジョギングを行う際には、必ず500ml程度のミネラルウォーターやお茶を持参しましょう。
夏に運動を行う際に適した時間帯は、1日の中でも比較的外気温が低い、早朝または夕方以降です。
また、夏の基礎代謝低下は、湯船でゆっくりと身体を温めるとかなり改善されますので、暑いからという理由でシャワーだけで済ませるのではなく、湯船にもきちんと使って内臓ごと温まる工夫を行うことも大切です。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る